FRAGRANCE POLLUTION 『香害』って知ってる?




『香害』って、知っていますか?

あなたの服や持ち物から強い香りはしていませんか?そしてその香りで苦しんでいる人がいるかも知れない事を、知っていますか?



市販の洗剤、柔軟剤、シャンプー、コンディショナーなどに含まれる強い香りは『化学物質過敏症』の発症につながる問題であり、合成香料成分の強い香りによる不快感だけではなく、頭痛やアレルギーを引き起こします。

そしてその合成香料成分は何日も何年も衣類、身体、空気中に残留してしまいます。

お使いの強い香りのもので、他の人に迷惑や辛いおもいをさせているかもしれません。


taviiにも、様々な理由でナチュラルな生活を、送っていらっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。中には化学物質過敏症の方もいらっしゃり、私達夫婦も今のところ軽度ではありますが発症しています。



強い柔軟剤の服で椅子に座るとその香りは、何日も残ってしまいますし、市販の合成香料のシャンプーを使っている方の髪をカットするとその香りが手についてしまいなかなか抜けず、次のお客様にも影響が出てしまいます。


知らず知らずのうちに誰かに害を与えてしまうので『香害』と呼ばれています。


taviiでは、出来る限り強い香りを纏ってのご来店はご遠慮いただいておりますが、

このような問題は、とてもセンシティブですのでこちらから口頭でお伝えする事は無いかと思います。ですので、お客様それぞれのご判断にお任せしておりますが、上記のような想いでおります事、ご理解頂けましたら幸いです。


ではどのようにしていけばよいのか?


これはもう、出来る限り合成香料を多量に含んだ物から避けていく事しかありません。

まずは、適量なのか(多すぎないか)、この香りは本当に必要か、きちんとすすげているか、見極める事が必要です。


残留しているから強く香りが残りますし、香りのカプセルが〜とか部屋干し臭が〜とうたって、わざと香りを残留させているものもありますが、これは肌荒れ、アトピー 、他の体の機能にも影響してくるのでとても問題だとおもいます。


合成洗剤でなく、洗濯石鹸(粉や液体もありますね)や、重曹、クエン酸などを使用していくのもオススメです。


シャンプーもオーガニックな物や石鹸シャンプーがオススメですが限りなく低コストでいくなら、湯シャンやクエン酸リンスなどもとってもオススメです!毎日シャンプーを泡立てる必要もありませんし、高いシャンプーや洗剤を買って欲しいとゆうわけではありません。


大切なのは、出来るだけ昔ながらの自然な方法で洗う事です。服も髪も身体もね。



そうする事が一番のecoであり、健康と美しさとエシカルな企業への投資にもなります。




なにわともあれ、今回は『香害』について知っていただきたく、書きました。


香りというのは、脳に影響しますので、特に子供の成長や心に影響します。


宣伝や同調圧力に惑わされず気持ちの良い選択をしていきましょ♪

​latest
archives