オーガニックは未来への投資

オーガニックな生活ってどんな生活なのだろうか。 私なりに考えてみました。 まず、食べるものから考える。出来るだけ土地の物、そして青果は無農薬、自然栽培や有機栽培された物を選ぶ。畜産物は環境の良いところで飼育された物かわかる物を選ぶ。調味料は添加物の極力ないものできちんと手作りした物を食べる。そして誰かと一緒に食べる。(これ重要) 適度に運動してきちんと睡眠を取る。ストレスを溜めずアロマやハーブを取り入れながら出来るだけ薬に頼らず健康を保つ。 髪はきちんとひと月半に一度カットし、オーガニックカラーやヘナで髪を染める。 シャンプーもオーガニックや自然由来の物を選ぶ。 コスメやスキンケアもきちんとオーガニック認証の物ある物を選ぶ。そして肌の綺麗さや若々しさは食事や生活習慣でずいぶん変わります。 服は、大量生産されたブランドではなく(大量廃棄や労働者搾取を考えて)できるだけ自然素材で丁寧に生産された物を着る。(最近は苦手だった古着やアップサイクルされた物にも関心があります。) 出来るだけエコを心がけて自然エネルギーを使用し、ゴミを減らして暮らす。洗濯はエコな物を使い排水は汚さない。柔軟剤も使わない。 他にもいろいろあるんだけど、こう並べるとオーガニックって高飛車でカタブツな印象… でも違うんです、少しお金がかかると感じる時もある。 そういった物が手軽に手に入らず"うーん"と思いながら市販されているあまり良くないなと思う物を買い足す時もある。 できるだけその"うーん"と思う買い物はやめていきたい。だってそれこそもったいない。ゴミも出る。 そしてオーガニックの物って20年後やその先の事も考えられている。生産者や消費者、地球環境の事が考えられている。 そしてオーガニックは『選ぶ』の連続。 工夫の連続。 きちんと考えて暮らす。大切なお金できちんと良いものを選ぶ。 それが、自分、家族、地域、地球をつくる。未来への投資になる。 そして何よりオーガニックは美味しい、使って気持ち良い、地球に優しい、身体に優しく、いろんな物や事を守っていける気がする。 うちには一歳の娘がいます。 この子が30歳になった時、母親になった時…日本は世界はどうなっているのか。 異常気象、大気汚染、生態系破壊、ウィルス、人権問題、健康、生活… 今の生活、大人がきちんと考えていかないと、いけないと思います。 美容室ぽくいうなら『まずはシャンプーから是非オーガニックに』と言いたいところだけど、手軽に始めるならまずは洗剤や柔軟剤の見直しからが分かりやすいかもしれません。(や、本当はオーガニックシャンプーも買って欲しいですよ!) あるお客様の名言 『ドラッグストアにある物、ほとんど水で流してるんだもんね』 近々分かりやすく、“エコな洗濯について"まとめたいと思います。 お待たせしすぎてすみません。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square