美容室からはじまる環境問題


この図は約1年前、美容室が環境に与えてしまう影響を表す為に作ったものです。

美容室は、ヘアースタイルを作るため、さまざまな薬剤を使用します。それらの多くは化学物質であり、水に流れれば水環境や水生動物に影響しますし、土壌や生態系、人の健康にまで影響があります。

原材料の多くにパーム油脂が使われる事も、自然破壊や生態系崩壊に繋がります。住処の奪われてしまう人々もいます。

シャンプーボトルや薬剤パッケージのほとんどがプラスチック容器でこちらも自然界に流れてしまえばマイクロプラスチックの問題があり、廃棄には多くの二酸化炭素を排出してしまいます。

最近は問題視されていますが、薬剤が市場に出回るには残酷な動物実験がされる事もあります。

もっともっとここには書ききれないほど、一人の人間が美容室で美しくなるためにたくさんの犠牲がある事を知って欲しいのです。

そして、私達が環境活動をしている1番の理由は"危険危機を止めたい"という事。

各地で起きている、異常気象、森林火災、干ばつなどは地球温暖化が影響しています。

産業革命以降、石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料の大量消費により二酸化炭素を多大に排出し地球は温暖化してきています。

このまま世界の平均気温が上昇し続けていくと限界点を超え、気候危機は加速し生活や命の危険に迫ってきます。すでに影響も出ていますね。

もちろん私達が生活の中で気候危機対策として取り組んでいる事はたくさんありますが、美容室というのは全国に23万件あると言われていて、先程述べた薬剤の化学物質やパーム油の使用など多大なものになりますし、これらが気候危機の原因にもなってしまうので、美容室が環境問題に重きをおいて運営していく事は大きな意味があると思っていますし、美容室をご利用される全国の方々にも考えて頂きたい事だと思っております。

人を美しくするための美容法が自然や生態系を壊してしまうなんて悲しいですよね。

一緒に考えていきませんか?

taviiではこれからも環境活動や社会活動をし、気候危機について注視しサロン運営をしていきます。


​latest
archives